So-net無料ブログ作成

昭和40年代ファン手帳 [新書]

昭和40年代について1年ごとに起こった出来事をまとめている。
著者が小学生から高校生までを過ごした時代なので、
実体験に基づいた話が印象に残る。
同時代を生きた人たちにとっては
共感できるところが多いのでは。
巻末の石破茂氏との同級生対談が面白い。


昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)

昭和40年代ファン手帳 (中公新書ラクレ)

  • 作者: 泉 麻人
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/06/09
  • メディア: 新書



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

二〇世紀の歴史 [新書]

二十世紀の起点を帝国主義の時代が始まった1870年代、
終点を1990年代初めとする「長い二十世紀」を振り返る。
帝国主義による植民地化と世界大戦、東西冷戦、脱植民地化といった流れが
わかりやすく記されていた。
定点観測としてアイルランド、南アフリカ、沖縄が取り上げられている。
現代史に対する理解が深まる一冊だった。


二〇世紀の歴史 (岩波新書)

二〇世紀の歴史 (岩波新書)

  • 作者: 木畑 洋一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2014/09/20
  • メディア: 新書



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

アメリカ人のみた日本の死刑 [新書]

先進諸国で死刑制度が廃止されつつある中、
日本や米国は死刑を存置している。
日本は米国に比べて、死刑は特別なものではなく、
単なる刑罰の一つであり、
また死刑執行方法についても情報が隠蔽されている。
このような現状が詳細に記述されており、
死刑について理論的に考えることができる内容となっていた。


アメリカ人のみた日本の死刑 (岩波新書)

アメリカ人のみた日本の死刑 (岩波新書)

  • 作者: デイビッド・T. ジョンソン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

流言のメディア史 [新書]

現代社会において、フェイクニュースが問題となっており、
Web時代、SNS時代の弊害として取り上げられがちだ。
しかし、流言蜚語、風評、誤報、陰謀論、情報宣伝といったものは
ラジオや新聞といったメディアが誕生したときから、存在していた
火星人来襲、関東大震災、二・二六事件、ヒトラー神話、等々、
過去の流言蜚語や誤報を取り上げ、その本質を考察、検証している。
メディア・リテラシーについて考えさせられる一冊。


流言のメディア史 (岩波新書)

流言のメディア史 (岩波新書)

  • 作者: 佐藤 卓己
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2019/03/21
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

日本をどのような国にするか: 地球と世界の大問題 [新書]

混迷する世界情勢の中、日本はどのような国を目指すべきなのか。
地球温暖化、地震予知・対策、AIといった問題を取り上げ、
専門家との対談を通して、今後の展望を示している。

世情に関するものの見方は鋭いものがあった。
戦争を知らない世代が増えているが、
「自由と平和」に向けての努力を忘れないことが重要。
若い世代に届けたい言葉だろう。


日本をどのような国にするか: 地球と世界の大問題 (岩波新書)

日本をどのような国にするか: 地球と世界の大問題 (岩波新書)

  • 作者: 丹羽 宇一郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: